<< 沖縄旅行(1) | main | 2017年12月のまとめ >>
沖縄旅行(2)
学生時の仲良しメンツで伊是名島に行って参りました。

沖縄本島残留組の三人はちょくちょく会っていたし、私が三重に移住してからも遊びに来てくれたりしたので久々感はあまりなかったんだけど、一人は私が沖縄離れるのと同じ時期に離島に赴任したので7年ぶり、もう一人は卒業後すぐ関東に就職してそのまま結婚して会えなかったから10年ぶり。綿密に計画立てるより行き当たりばったりで勢いで決めた方が会えることって あるよね…^▽^^怪獣のような4歳男児と一緒に来てくれたよ!

写真撮るのも下手なんだけど見せ方もセンス無いと魅力半減よね…と思いつつとりあえずずらっと投げておく。
これが11月末ですよ南の楽園。











本当に海も空も昼も夜も全てが美しかったよ…















友人の計らいで素敵なお宿に泊まれた!




前日の豪雨が嘘のように晴れてて最高だった…(´;ω;`)
船は酔い止め飲んでも、みんながスヤスヤ寝こけてる間もリバースしまくったりで絶不調でございましたが久々の心の友たちに会えた喜びでホロリときたよ…本当に嬉しかった…!!

基本的には全然変わってないのがこれまた嬉しい。
そりゃあ学生時一緒に過ごした4年間の倍以上の時間も経って三十路になってそれぞれの環境も大いに変わってるんだけど、それでも今もこうして再会して笑い合うために頑張れる人たちを、学生時の私は賜ったんだなぁと思うととてつもなく幸せだね!本当に有り難い。

そして伊是名島は本当に良いとこだった…
その伊是名に赴任された友達は延長希望を繰り返してギリギリまで島暮らしをエンジョイしたいみたいで。
海も空も綺麗で島のみなさんもとても良い人たちで、でも私には整っていないネット環境とか誰がいつどこにいたとか島全体に筒抜けなプライバシー皆無な感じとかとかその辺りは耐えられそうにない…(´・ω・`)
でも普段自分を忙しくしたり頭を悩ませたりするものって大体がそういう便利なものなんだろーなと考えると、しばらく島暮らし続けると新しい価値観が生まれたり心身共に本当の意味で健康になりそうだなとも。うーん難しい。


潮流の関係で帰りの船はだいぶ揺れがマシだったから吐かずに済んだよ…酔うと眠れなくなるんだけど、遊び疲れの方が上回って寝ることが出来た…

本島についたらみんなで従姉のお菓子屋へ。最高に美味しいクッキー食べさせてやるよ…!って感じだったんだけど、従姉が親友Kを見て「しょっちゅう来てくれる子だね」って。そんなこと言ってなかったのに御用達にしてくれてたとか本当にくいことをするやつなんだよ…(´;ω;`)

そして4歳児を連れたHを実家に送り届けて、お昼ご飯の後空港まで送ってもらいました。
なんと5日間も沖縄にいたんだよ…前代未聞の長期滞在。移動とかで終始バタバタしてたけど家族にも旧友達にも会えて本当に嬉しい楽しいが盛り沢山だった。私は本当に沖縄が好きだ(´;ω;`)
みんな次はいつ会えるかなぁ…

帰る度に道路も街もどんどん変わっていくんだけど好きな人たちが全然変わらずに居てくれて、私が帰って行ってるのはどちらかと言うと場所ではなく人なんだろうなとずっと感じてるんだけどうまく言葉に表せられないよ…懐郷の念を抱くとき、空と海と風は勿論なんだけどそこに強く在るのは人なんだよなぁ。
人がいないとおかえりもいってらっしゃいもただいまも無いはずだし。
ふるさとを出ていく寂しさや悲しさこそが自分が恵まれている何よりの証拠だと思い知って幸せを噛みしめるんだって。
”Jubilee 歓びとは 誰かが去るかなしみを 胸に抱きながらあふれた 一粒の雫なんだろう”
この曲を離郷してから一層強く噛みしめるようになったけど、くるりは本当に偉大だなぁ。そして私のふるさとであり続けてくれる人たちが有り難い。
いつも同じようなこと言ってて本当言葉が陳腐なんだよ…この愛と感謝を音楽にすることが出来ればどれだけ自分を好きになれたか…!!(ハンカチギリギリ)
カテゴリ:旅とか | 23:46 | - | -