<< 2017年6月のまとめ | main | 2017年8月のまとめ >>
2017年7月のまとめ
妹と一緒にスピッツ30周年記念コンサート行ってきたよ。最高が過ぎたよ…
ロックバンドであんなに声が美しいって卑怯だわ…澄んでて爽やかで鬱で、更に清々しい堕落…たまらん。
ヘビーメロウ、歌ウサギ、1987→がこれまた30周年迎えてからの更なる新境地かよ…と恐ろしいわです。1987ハイロウズかと思った。
高音低音の使い分けが色気すごいのがマサムネさんだけど、1987最後のイエーイがどちゃくそ格好良くてさ…カタカナで書くとなんか間抜けだけど/(^o^)\
ロックバンドに付き物のイエーイがさぁ…マサムネさんがやると破壊力が半端無くてだね…こんなに鬱で澄んだイエーイ聞いたことないわ骨抜きになりましたありがとうございます。

周りにスピッツファンあんまりいなくて、妹がいつも一緒に行ってくれるから嬉しい(*´▽`*)



***



ついに買ったよロトエディション!思ったよりださくない!



箱も芸が細かい



はぐりん可愛いよ〜〜


しかしPS4不思議な形状だね、平行四辺形?
ゲームの新しいハードって家電以上にテンション上がりますなぁ(*´ω`*)



***



最近見つけたすっごい素敵なカフェがね、パニーニやら生パスタやら、果てはチョコミントフラッペとかあって一瞬でお気に入りになってチケットまで買ったんだけどね………
その翌週にメルマガ届いてさぁ、その内容が来月から営業時間短縮して更にフードメニューとか全て終了してコーヒーしか扱わなくなるんだって………_(:3」∠)_
三周年迎えてていつもお客さんいっぱいだし、軌道に乗ってると思ったらこれだよ/(^o^)\

私が気に入った時点でカウントダウン始まるから早く紹介したい人連れて行かないとって言われてたのに(´;ω;`)想像以上の早さだった。ていうかチケット…_(:3」∠)_



***


革婚式なので記念品

この3年ほど私の誕生日とこういう記念日がほぼほぼ法事被るんだけどなぜなの…


会社の税務監査で絶望と多忙の二ヶ月だったんだけど、なんとか無事に生還。
ほんと敵しかいないというか味方などいないと魂に刻んだニヶ月だったけど色んな意味でめちゃくちゃ勉強になったよ…
落とし所とか埋め合わせとか色んな言葉あるけどとりあえず、何かご褒美くれ!!(´;ω;`)って感じでした

生来身内はともかく外部というか「相手」に恵まれる星の下にいてね、今回も本当そんな感じでした。情の深そうな職員さんが来てくれて助かった………そういうのわかる人たちじゃないのが本当歯がゆい…


そんな会社のバタバタやら法事やらで当日ちゃんと出来なかった革婚式は改めて名古屋でしてきました。
いや、そういう名目の暴飲暴食ですよね…ただの……^▽^^


とても良かった…とても……
前回のドラクエ展といい、用があって名古屋行く度に素敵な企画やっててとても嬉しい。今回ちょっと時間おしてたから最後のとこかなり急いでしまったのが残念無念…

ラーメンに始まってドーナツ大量買いして中華ディナーしてきたよ!ラーメンも中華もいつぶりだ…うまかった…脂肪と糖うまかった…(´;ω;`)
2年間憧れ続けてたザラメのドーナツもやっと買えた!!ザラメのために岡崎行きたかったくらいなんだけど、ちょっと無理だったので松坂屋のザラメスタンド行った^^

そういう長いこと憧れてた☆あるあるですが…
とても普通だったよ\(^o^)/
値段考えるとミスドの方がゲフンゲフン



***


みんなの発想の違いとか着眼点が、たとえば絵描きと文字書きでどんな違いがあるんだろうって話。
考察と呼べるようなものではないから単に私がそれぞれのどんな点が好きかって話になるんだけども。

以前からこういった系統の話はよくしてるんだけど、私自身は色んなことで名刺に書くことが無いというか。属性が定まらなかったり、要は自分にどんな冠を被せてもアウェー感がありまして。
血液型とか本拠地だけじゃなくて、絵描きか文字書きかってところらへんも。

どれもらくがき程度ながら、絵描くのも文章書くのも大好きっていうのは大前提として。
大体の人に文字書きと認識してもらってるだろうしその二択だったら自分でも文字書きサイドに行くんだけど。(かつてのコラボ本とか正にそうだし)
例えば私は文系の人間ではないんだけど(学部としては文系ながら思考が文系とは言い難い)、明らからに理系とはかけ離れているから便宜上文系だと言っていてね。だから正しくは「理系ではない」という。
そんな感じで「明らかに絵描きではない」ので便宜上文字書きだと言わせてもらっております…

んで、なんで明らかに絵描きではないって感じるか・って部分に、得手不得手以外で私の中の「絵描きの着眼点とか思考回路ってこんな感じがする」の核がある気がするのでそれを語ってみようかと。前置き長いね!いつもだけど!

あくまで私のイメージでしかないからね。これはこういうものである!って論じるつもりは毛頭ないのでそこのところよろしく頼むんだぜ!

同人絵だとして話すと絵師さんの作品を拝見して、上手だとかそういう話じゃなくて「この発想は無理だわ〜頭の中どうなってるの凄すぎるわ〜」って感じる部分が、まずメインキャラを、現実世界では無いものと並べたりありえない状況で表現出来てしまうところかなって。

以前なるりんが鳴海さんを金魚鉢?ボウル?ガラスドーム?に入れてハーバリウムをイメージして素敵なイラストを描いてらしたんだけど。人間が水入った金魚鉢に入ってる状況って、文章だと「夢の中」とか「SF」とか「心情の比喩」みたいに、前置きとか条件示さないと書けないんです私は。

でも絵だと何の説明も前提もいらない。金魚鉢に2頭身のちびキャラが入ってて涼しげで可愛いです以上!眼福召し上がれ!で良い。
この有無を言わさずにご自分の描きたいモノを表現して相手の視覚から琴線に叩き込む手法が、その高嶺の花が私は憧れててとても好きなの…
「どう見えたか」「どう捉えたか」って話じゃなくて、描いたものをダイレクトに相手に届けられるというか。印刷や画素の問題とか省けば、視力と色覚さえちゃんとしていれば誰でも同じものが見られる。見てもらえる。
抽象画みたいにそこに潜ませたものとか解釈がどうって話になるとまた別ですが今回はそれは置いておく。

文章だと、得意な言語と文字を使って、こちらの書きたいモノを書くんだけど結局は読んでくれた相手の頭の中で投影して納得してもらうしかない。FAXみたいというか…文字から言葉から文章から、どういう像を結んだのか、相手にしか分からない。相手だけのもので私だけのもの。共有がとても難しい。

以前螺旋で「え描きもじ書きコラボ」させてもらったとき、その前哨でさかなさんからネタをいただいてエイプリルフール文を書かせてもらったんだけどね、そのときにつくづく思った。
脳みそが水の中を見るとして、水の中の世界が違うんじゃなくてもう水面、光の入射角から違う。

ちなみにこれがその懐かしの鳴ひよで→http://kujiraduki.fakefur.jp/other/120401.html
イラストと「部室に桜が咲きまくって、最終的には魚が泳ぐ」(要約)っていう言葉を元に、私が自分のテイストを変えずに持てる語彙を尽くして表現したものであります。

夢っていわないと無理だったの…!誰の夢かは定めない方向にしたんだけど。

思ったのは、絵描きの脳内に投影されたイメージを文章にしようだなんて野暮にもほどがあるんだなと。すんごい面白かったんだけどね!!いやさかなさんもただの絵描きじゃないからそこらへんも大きいんだけどさ…

文章では書く人間の語彙力や知識知性以上のものは書けないし、読む側としてもそれ以上のものは読み取れない。
私の考えですが言葉は伝えあうためにあるので「書きたいから書いた!それだけだ!」で満足できる文字書きは少ないんじゃないかなって。

自分の言葉でできた世界は読んでもらえたのかっていう単純なものから始まって、どんな像を結んでもらったのか、その人のどこにどう着地してそこからどんな植物が生えてどんな水を与えてもらったのか、毒を振りまいてるのか酸素発生させてるのかとか…
「よく伝わりました」以外の結果の発生率、色んな意味での事故率がとんでもなく多いツールを表現の手法としてしまった以上、完全に自由に書くことって難しいかと。いや難しいんです私には

でも例えば「売ります。赤ん坊の靴。未使用」だけで一瞬で5W1Hを相手の脳に刻むようなアルテマウェポンを文章は持っていてだね…
正にそれは雷を落とす感じよね。速度と強さ的な意味で。

発想も凄いし、それを「描く」に近い感じで書いちゃう文字書きさん達はもうほんと意味わかんねぇよどうなってるんだってばよ…とただただひれ伏すばかりです。


そういうの考えていくと自分が絵描きにも文字書きにもどこにも属さなくなっていくわけです。ただの原作愛と二次創作愛を垂れ流すマン\(^o^)/


あとね、自分の中でちぐはぐなのが、私は小説…ってほど長いもの書けないからSSってのが多いんだけど、SSは割と自分が思った通りのものを書いているんです。何ていうか、書いた後に「思ってたのと違う」っていうのがあんまり無い。だから昔のSSでもそれなりに読める。いやもちろん程度問題ですけどね(顔を覆う)

でも絵がさぁ…自分が描きたかったイメージの1割も出せないんです。技術云々というより画風が。私の描きたいものはもっと何ていうかくすんでいたり掠れていたり、荒々しかったり劇画ちっくだったりするんです。1割どころか1%も出てなくね?って感じでしょほらあああ/(^o^)\

それでも文字書きと名乗り難いのは、技術云々も勿論あるんですが何より最初にかきたくなるものが、映像というか色彩や音楽で出てくるからです。
勿論色彩や音楽、視覚的なものを凄まじい言葉で表現する文字書きはいらっしゃる。
でも私は「言いたいことを表現する」手法が「言葉にして言う」しか無さすぎて…っていう消去法でね。もっと美醜や巧拙にとらわれた詩人のような感じなら良いけどそんなもんでもない、ただの一芸の無さの果てというか。
右脳が左脳に敗北した死骸が積み上がったものがサイトに置いてあったSS達です。
左脳が右脳を制した、などとはとても言えない。でも死骸っても戦果だからマイナスの意味じゃないんですが。難しい!!!!ほらだから言葉以外に表現する方法がほしかった…何より作曲の能力がほしかった…!!!!!

なんかひたすら無い物ねだりしてるだけになった…^p^
カテゴリ:どこか日常的 | 16:55 | - | -