<< 2016年11月のまとめ | main | 夜汽車は行く星屑の中汽笛を鳴らして >>
2016年12月のまとめ
「かまいたちの夜」リメイクの件。
イラスト&ボイスも実装される「かまいたちの夜 輪廻彩声」
っていうニュースにびっくりしたし私の周囲も同じだった。
サウンドノベルになぜイラストとボイス…???しかもなんともいえない萌えイラスト……_(:3 」∠)_大好きなかまいたちの夜が……(´;ω;`)

最近の人たちはやはりボイスと絵が入ってないとだめなのかな?文章とシルエットだけじゃ内容が入ってこないのかな?ととても辟易した。
したんだけど。
何やらネットで大炎上してイラストレーターが謝罪までしていたそうで。
そのことにもびっくりした。イラストレーターが謝ることなの…????任された仕事を遂行したことで頭下げるの…??
リメイク反対なのもイラストやボイスが合わない!ってアンチリメイク版名乗るのも勝手だと思う。んで、本当に勝手に言わせとけば良いことで。謝ることなの…???
今の時代そんな感じなの??って本当に取り残されてる感はんぱない。


まぁ、やらずにアンチ名乗るっていうのも立派な老害の仲間入りかもしれないんだけど(笑)
でもかまいたちの夜は日本全国的に不朽の名作だと思うんだ。
私が昔初めてかまいたちやったとき、印象に残ってるのが我孫子先生の「映画等映像作品は、時代が進むにつれてどうしても劣化してしまう。でも文章と音楽だけは劣化せずにそのときの素晴らしさのまま在り続ける」というようなことを仰ってて。
だから映画ならほんの10年、20年で視覚的に見辛くなるけど、数百年前の文学はいつまでも読まれるし音楽もそうって。
だからサウンドノベルっていう新ジャンルはいつまでも衰えないまま楽しまれるといいなって。

だからさ…そんなかまいたちにイラストつけるの…???ボイス必要…???ってショックだったのよ…風景が目に浮かび、声や音や息遣い、それを読み取ることが出来るせっかくの我孫子先生の素晴らしい文章なのに…!

安易に過去厨してるわけじゃないんだ許してくれ…リメイク版否定する気は全く無いから…_(:3」∠)_
でも謝罪は必要無かったと思う。


***


ふるさとから親友が遊びに来てくれてこれまた三日間遊び倒したよ。
うなぎ食べて伊勢神宮行ってスペイン村。そして鳥羽のスパホテルに招待してくれたよ…(´;ω;`)
本当美味しいもの食べて好きなとこ行って好きなことしかしてない。
スペイン村最高なんだよ〜〜〜アトラクションはでぃずにーやUSJとそう変わらないのに全然人いなくて。全然人いないの。何度でも言うよ全然人いない。
アトラクション何回でも繰り返し乗れるよ人並んでないから。
人気テーマパークって、人が多すぎてそれだけで体力とられるのよね…

しかしスペイン村、閑散とした遊園地も良いんだけど、遊園地エリアとスペインの街並みを再現した正にテーマパークなエリアに分かれててそれがまた楽しい。のんびりまったりメルヒェンな感じを楽しめるよ。お城は資料館になっててドン・キホーテの世界とか、スペインの歴史文化とかの資料館にもなっている。

それら全てが混雑に煩わされずに堪能出来ます。
客よりスタッフの方が多いレベル。
お土産の種類も数も半端ないし割とレベルが高い。廃棄どうなってるのかな?ってこっそり心配しちゃうよ。

週末なのにパレードもやってないしさ…企業努力って何?って感じするよ\(^▽^)/
近鉄がやってるからだろうけど、潰れない自信ってすげーんだなって。
みんな舐めてかかってるけどめちゃくちゃ楽しいですスペイン村。友達も気に入ってくれたし是非また行きたい!!
適度にのんびり・適度にエンジョイって大事。体力を尽くさないの大事。

気の置けない友達と旅行って本当充電されるわ…遊びまくって身体はそりゃあ疲れるけど、それでも美味しいの食べて楽しいことして沢山話して聞いてもらって、とても良い時間過ごせた!


***


そしてそんな友達との旅行からすぐ神戸入り。妹とスピッツライブ参戦(^▽^^)自重って何それおいしいの???
神戸はおしゃれなお店がいっぱいあるよ〜〜人多いよ〜〜
美味しいものも沢山あるけど、とにかく人が多いというか慌ただしくてちょっと気後れするわ…!


しかしスピッツ、もんのっそい良かったです。知ってたけど。
新アルバムも勿論良いんだけど(特にこぐまとヒビスクスが…!雪風も聴きたかった…)生で運命の人とか夢じゃないとか、何より楓を…!!聴けるってほんと人生のご褒美。ほんと生きてて良かった。
マサムネさんの声CDより綺麗ってどういうことかな?って毎回思うんだけど。ハイレゾ音源みたいに円盤に入れると劣化しちゃうみたいな感じなんだろうなって。

MCも面白くてさ〜存外よく喋るんだよね(笑)「楽しい夜にするから、任せろよ」ってのも痺れました。テレビじゃ滅多に観れないしやっぱりライブって貴重だ…行けて良かった!本土ってこういうとこ素晴らしい!


***


私の中の普遍が色々と崩れ去った12月中頃、頭と心が追っつかない事象で龍の巣@ラピュタ に迷い込んだ状態でね。
誰かと話がしたいって言っても反応とかは要らなくて、でも壁に話すとかじゃなくて生きてる人間に聞いて欲しくてというなんとも我儘な状態を脱却する方法が教会に行くしかないような感じだったんだけど。

書き殴るには打って付けのはずのブログも、でもサイト動いてた時代はともかく誰も読んでないようなブログじゃダメ!そして不特定多数の人が見れるツイッターで垂れ流すにはあまりにも……という内容でも、最近創作も全然出来てないしいっそここらでフォロワーさんに自分を断捨離の判断を改めてしていただく意味でも、流してみて良いのかな〜〜とか。

…と、もだもだしてるときに、丁度色々やばかったその時に、手を差し伸べて耳を傾けてくれる方がいらしたのが本当に本当に有難かったです。

それとは別にしてもなんかタイミング良くあちこちからくじらを届けてもらってさぁ…素敵で嬉しいニュースも沢山きけたし、胸がすくようなストロークにとっても救われました。

吐き出すことを躊躇してしまうのは、言わなきゃ良かったと思いたくないからだし、聞かなきゃ良かったと思われたくないからだし、聞いた上で別に大したことないわって思われたくないからだし。

こりゃだめかもって思ったときに、そのタイミングで深さと感度と近さと遠さと温度と教養、どれをとっても本当に絶妙な具合の良い感じに受け止めてもらえたことがね、この先忘れることはないだろうってくらい助かりました(語彙が足りぬ…;;;)
私もそれが出来る人間でありたい…さかなさんその節は本当に有難うございました(深々)
カテゴリ:どこか日常的 | 12:19 | - | -