<< 観た映画とか備忘録メモ | main | 2016年11月のまとめ >>
2016年10月のまとめ
宇多田ヒカルの新アルバムがとてもとても良かった(´;ω;`)これは宝物…!
花束を君にが何回聴いても泣いちゃうの…ドラマで聴いたときからだったけど曲調とか歌声がほんと…(。´Д⊂)
「言いたいこときっと山ほどあるけど 神様しか知らないまま」とかもう…ていうかワンフレーズ抜き出すとダメだな、楽曲と詞と声全部で一つの世界描き出すのがほんと天才的(´;ω;`)
「It's a lonely road, but I'm not alone」とかも本当たまらない。
ここまでの全幅の信頼と愛情、それをさらりと歌詞に載せて口笛吹くみたいに軽く歌っちゃう辺りがもう天才としか…

昔から宇多田さんと浜崎さんをセットでゲットしてた人多いと思うし私もご多分に漏れずなんですが(どっちかといえば私は宇多田は結婚後くらいからが好き)
なんなんだろうねこの違い…そもそものポテンシャルが全く別次元だったんだろうけども…
いつも言ってるけど曲と本人は別物だから作品でしか判断しないけど、それでも「歌詞に英語使い出すまでの浜崎さんはとても好きでした」って感じになる…


そういえば前からずっと思ってたんだけど、宇多田さんの英語の発音が何て言うかただただ気になるんだけどあれネイティブ然としてるものなの??洋楽聴いてもあんな風な発音聴いたことないんだけどどうなのかしら。


「ともだち」もね…ここに踏み込むのがさすが宇多田さんだし椎名林檎コラボも良すぎだし。名盤でございました(平伏)
忘却はなんともいえない^^^


***



ずっと生で拝んでみたいと思ってたPerfume、妹と一緒にみてきたよ!とても良かった(´;ω;`)
ラスト曲がSTAR TRAINでさぁ…じーんときて泣けた…この曲大好き

なんていうか「凄い頑張りました!」って裏話とか持論をつらつら語る人より、仕事を見せて見た人に「こりゃあたゆまぬ努力の賜物だわ…」って思わせる人が好きなのよ。口より手動かすタイプというか。
Perfumeが正にそんな感じがとても好きです。ただただ圧巻のダンス。

演出も会場もあれだけの歌と踊りもプロポーションも、当たり前のものなんか何も無くて物凄く努力したんだなぁっていうのを言葉でなく仕事で伝える人を凄く尊敬する。あんなに若いのにさぁ…!ってもうPerfumeが28になるってのも凄い。

だいぶ後ろらへんで見辛かったけど生で観れてよかった〜嬉しい(。´Д⊂)


***


そして翌週も妹とライブ!今度はCocco!!
妹が神戸にいるおかげでしょっちゅう会えるからとても嬉しい…(´;ω;`)

生Coccoとても…とても良かったです…(ため息)

本当なんていえば良いのか分からないけど感動した…劇場でみんな大人しく座って聴いてたのに終わった途端スタンディングオベーションで、Cocco泣き崩れるし演奏者も総立ちで歌姫囲んで拍手してるし沖縄弁想像以上だったし。いっぱいいっぱいだったよ(´;ω;`)
歌姫っていうか「歌う生き物」って感じだった。歌から生まれた想像上の生き物とか、歌わなければ泡になって消えてしまうような類いの。
あんな細いのに凄いパワーだった…新しい曲も昔の曲も沢山聴けた!機会あればまた聴きに行きたい〜><


***


自分のの考えに対する人の意見が聞きたい、について。
とにかく冷静で客観的で私や私の周囲に対して利害関係の無い、大して仲良くない人と話がしたい。

お互いが困ったり傷ついたり喜んだり得をしたりすることに関して、無まではいかなくても「大して嬉しくもないし悲しくもないよ」程度の知人ってとても貴重だなと思う最近。

仲良い友達だとお互いに思考回路というかツボ?をある程度把握してるんだよな。どういう考え方をするだろうとかどういう言葉を好むとか。
だから良くも悪くも打算がどうしても多少なり生まれてしまうのよね、どう言って欲しいんだろうなとか、もしくは自分自身でどう言って欲しいから誰々のとこ行こうとか思っちゃったり。

凹んでるときはただひたすら自信が欲しいのか、客観的に自分の立ち位置が知りたいのかで相談する相手を選んだ方が良いんだろうけど。
凹んでるときって気分が落ちるだけじゃなくて頭が悪くなってその判断を誤る。
いやそもそもそんな計算して生きてないっていうか…そういう頭の良さが無いからこそこんな感じで来たというかね……^^^


地元の友達とか同僚とか家族とか、関わる人は大体「こんな感じの人だろうな」っていうのは持ちながら接してるわけで。
でもオタ友というかネッ友さんは趣味や嗜好を接点として、人となりや価値観から入ってく仲じゃないから、相談までいかなくてもその人の内面に掠る話を聞いたときの目ウロコぶりが凄い。

趣味友として最高ってのとクラスメイトとして最高ってのは全く違うなって気付いたり、クラスメイトとしては付き合えないような人でも同じ趣味で凄く良い関係築けることがあったり、SNSとか作品から滲み出る人となりが実際会ったときにもそのままだったりギャップ凄かったり本当ネッ友ぱない\(^o^)/

とはいえ私のネッ友さんらはイベントとかで実際お会いしたときにあまりギャップ無い人が多いかなぁ…
「ギャップ激しい:ちょっと違うけどほぼ変わらない:そのまんま」=「3:6:1」かな?
私も全然変わらない部類だと思うんだけど…物凄く訛ってるくらいで(笑)
でも昔ヒカゲさんがひよ5のレポに「みなみさんネットより実物の方が良い人だった」って書いてもらってとても嬉しかったのを、嬉しかったので10年以上経った今でも覚えてる(笑)
カテゴリ:どこか日常的 | 20:36 | - | -