<< ただどうか幸せでいてね やらかい風 | main | 言葉は無力でした >>
はじめてのアロハ
沖縄から帰ってきたのが月曜日。そしてその週の木曜夜にはフライトでした。
人生初のハワイ!待ちに待った海外!!一年前から計画してたのをやっと決行だよ\(^o^)/
でも最初から最後まで「これだから私ってやつはぁあああorz」という事態でした。

まず、先週の従姉の結婚式の翌日からは「おや?」という感じだったんだけどね。
かいつまんで言えばね、婦人科の罹患を数ヶ月放置してたのですよ。

まぁここどれだけの人が見てるかわかんないけど一応畳んで、普通に症状書く。みなさんの参考になるかもしれないし。(ならないほうがいいけど)
シモの話だし「ハワイ〜楽しかった〜〜アロハー(*´▽`*)♡」って話はこの先無いので(暗黒)
どれ何があったんだいって人だけ読んでやってください私の生まれ持ったタイミングの悪さを…………



この1年くらい、疲れてくると膣カンジダによく罹るようになってまして。それを三ヶ月ほど放置しておりましてね。
沖縄から帰る飛行機で既に相当痛くてつらかったので、帰ってから一度は病院に行ったものの「こんなに悪化させるならいっそ来るんじゃねえよ」的に怒られてね…(´;ω;`)
本当はこの一週間の間にあと一回くらい行った方が良かったんだろうけど、ハワイまでの時間が全然無い上に、仕事が立て込みすぎてて行けず。


んで出発まで地獄も地獄。もうね、痛いのよ。というか実はこの時既に別の病気を併発してたんだけど、カンジダとしか思っていない私はずっとおかしいぞおかしいぞと思いながら苦しみ続けるわけです。
どう痛いのっていうと説明出来ないのよね。とりあえず今までヘルニア以上の痛みを知らなかったんだけど余裕で上回りました。これが治ってからは普通に息して食事してお風呂入ってトイレ行けることがどれだけ素晴らしいのかって何回か泣いたからね(MAJI) これを上回るのは出産だと思っている。しかし出産は生産性があるがこれは無い…

脱線したけど、普通に歩くことも座ってることも出来ない状態。仕事も立て込んでたのにペースが全然上がらず、寒い中深夜まで会社に残ると夜になると痛みが悪化するという悪循環。
勿論カンジダだけならここまで酷いはずはない。でもそれは知らない私は下半身を覆う疱疹と熱、生理ナプキン(夜用)が一時間足らずでキャパオーバーになる膿に痛いやら恐ろしいやら…
つーか一番痛いのがトイレのときでね。毎回冗談抜きで泣き叫ぶんだけど本当リフォームするなら手すりつけたいと思ったね(遠い目)

まぁそんな酷い状態で準備もままならない感じだったけど、行ってきましたよハワイ。
飛行機がね…これまた地獄だったね…
歩行困難で歩くのもよちよち歩きレベルでね、税関の人が「早く歩けよ」みたいに冷たい目で見てくるのがこれまたつらい。
三列のシートで、通路側の一席が奇跡的に空席だったのが本当に助かった。トイレとかで出歩くとき、立ち上がるのも夫の介助(笑)が必要でさぁ……

初の国際線、席ひとつずつにモニターがついてて映画とか観れるの感動した。
なんとジュラシックワールドが観れたのよ…!インサイド・ヘッドも観た。
しかし画面が近すぎてとても見づらい(老眼)
機内食も普段こういうの無いからうきうきするね!快調だったらね!


9時間弱なんとか耐えました。


そして飛行機一番最後に降りて、牛歩の歩みで空港を抜けようとがんばっていたら、あまりに歩き方がやばかったからか、税関で長蛇の列に並ぶはずが要介助のエリア通してくれた(´;ω;`)コワモテの黒人さんが「大丈夫?」「旦那さんのチェックしてる間向こうで座ってたらいいよ」とか気遣ってくれるし、スタッフ専用のエレベーターまで使わせてくれて…名古屋の税関との違いに、やはり外人さんは障害者に優しいなと確信いたしました。(語弊)



後はホテルまでタクシーで移動したり、その運転手が全然日本語わかってないわもしかしたらホテルの場所もわかってないわで結構大変だったけどどうにかホテル到着。

3泊5日の旅で私がホテルから外出したのは8時間でした^^^^
その内の5時間は病院だけどね^^^^^^

到着した日から、熱も上がってるしやっぱりおかしいよ〜〜ってことでコンシェルジュに相談して日本語OKの病院を紹介してもらい。(シェラトンワイキキホテルのドクターオンコール、無料で送迎してくれたしとても親切でした…)

しかし受付の人は日系の方で日本語堪能なんだけど、中に入ると違うからね。
「Do you need a translater?」を聞き逃してたら大変なことになっておりました。

まぁ診てもらうといっても、私もカンジダが悪化してるとしか思ってないし、基本救急のとこだから婦人科医がいなくて内診とかも出来ない。ってわけで大した処置してもらえなかったんだけどね…
尿検査が本当に死ぬほどつらかった(´;ω;`)

そして病院行くのにホテルにパスポート忘れるという大失態。
海外旅行保険とかも入ってないから完全自腹になりました。救急車とか呼んでないだけまだマシか…orz
クレジットカードに海外旅行保険ついてる可能性あるからみなさんお確かめを。
私はそういうの全部対象外だったので、でも完全自腹だと30%引きになるという謎のシステムにより存外安く済みました。じゅうぶん痛いけどね…………




まとめるとハワイ旅行

1日目*
11時頃ホテル着
19時頃まで寝る
20〜23時病院
お風呂入って寝る

2日目*
17時頃まで寝る
18〜20時病院行ったりご飯食べてきたり
お風呂入って寝る

3日目*
12時頃まで寝る
13〜15時アラモアナへ
20時まで寝る
ホテル付近の屋台でご飯持ち帰り
食べてお風呂入って寝る

4日目*
10時には空港


そんな感じでした\(^∀^)/
気合入れて日焼け止め二本持っていったんだぜ?????悲しいだろ????
日中ほとんど外出てないから私の中でハワイは常夜の国だったよ!!

一番お金を落としたのはホテル内のコンビニだね。ほとんどヨーグルトとポテチとコーラで過ごしてたね!
でも超高いよ普通のヨーグルト一個3ドルだしポテチ5ドルコーラ3ドル。物価高ぇぇぇ!

空港では歩行困難振りを見かねたスタッフさんが車椅子を貸してくれました。人生初の車椅子だぜ!
飛行機の座席も通路側に誰もいないところにしてくれたり、名古屋についたら即車椅子手配するように手続きしてくれたりととにかく海外の方は温かかった…(´;ω;`)


まぁ一番可哀想なのは夫なんだけどね!
嫁の車椅子押しながら空港でお土産物色してる姿を思うと本当何をしに行ったんだwwwっていうね



帰りの飛行機は寝て過ごせたので割りとすぐだった。
本当この4日間で何時間寝たんだ私は…………

15時半頃セントレアに飛行機着いたのに、降りたらそこに車椅子と荷物用意されてて(感涙)
16時のフェリーに乗ることが出来た……普通じゃ絶対無理だったよ18時の船にしか乗れなかったはずだ…
おかげで17時に病院に直行することが出来ました。

「この状態でwwハワイwwww」とお医者さんには完全に笑われました。
カンジダがヘルペスを誘発してて、初めの感染が一番きつくその中でも酷い症状らしく、入院を勧められました。というのは「痛くてトイレ無理でしょ」っていうね。そうなんです毎回泣き叫ぶのは間違ってなかった…(´;ω;`)
病院にあんまり行かないのが、これくらいで痛がるんじゃねーよって怒られたら嫌だなっていうのがあるんだけど。
痛くて正解だった…

まぁ決算前で仕事立て込んでるので入院どころではなく、全治4週間くらった私はもうしばらく地獄をみていたんですが…
とりあえず原因がわかるだけでも全然違うよね、気持ちが。
ヘルペスは一度かかると菌が潜伏するということで、三ヶ月内にまた来るよと言われ(´;ω;`)
年に3回くらいはあの地獄ツアーにいかねばならぬ身体に…_(:3 」∠)_

ていうかこんだけ色々放置して、今は痛いだけだからいいかもしれないけど、妊娠のとき後悔することになったらどうすんのって強か脅されて非常に反省いたしました。そうなのよね…その後悔は赤ちゃんや夫への罪悪感になるんだものね……

というわけでみなさんも異変は放置しちゃダメ絶対ね。



ハワイはいつかリベンジさせてください。
ウルフギャング行きたかったよーーーーーー
イルカプール!火山!
二日目にチーズケーキファクトリー行ったけど体調万全なときにまた行きたい(´;ω;`)




あ、あともう一つ。
モバイルWi-Fiを持っていこう!ってことで、やたらとCMやってるし価格どっとこむでも評価の高い「イ○トのWi-Fi」を利用したんだけどね。
現地着いたら全く使えず、不良品ということが判明^^^^まじ使えない^^^^^
料金は返してもらったけど、こういうの腑に落ちないわ〜〜〜〜
元来不良品を呼び込む性質なので私も周りも全然驚かないんですが。「やっぱりか」くらいで。
何よりそのとき一番ポンコツだったのは私だしな^^^^^

ホテルがフリーWi-Fiだったから助かったよ…本当にな…

カテゴリ:旅とか | 16:16 | - | -