<< 豊穣 | main | はじめてのアロハ >>
ただどうか幸せでいてね やらかい風
10/31〜11/2、ふるさと帰省して参りました。従姉の結婚式のため。
メインが結婚式だったんだけどそのことはまた置いといて、まずは待ちに待ったふるさとね!!

ステーキもぜんざいも食べられたし、何より今回今までずっとタイミング合わずに行けなかったくじら食堂に行けた…!!(´;ω;`)本当にどれも美味しいし雰囲気も最高だったよ〜〜こりゃ帰る度に行くわ…!!
時間全然無くて友達にも会えないんだけど今回は仕方ない><
大学の親友達とお茶出来たのは非常に良かった〜(*´▽`*)本格的な紅茶とめちゃくちゃ美味しいスコーンが食べられるお店なんだけど、相変わらず美味しかった〜幸せ


最近はもう冠婚葬祭での帰省がほとんどだから、弾丸で帰ることが多くてあんまり遊べないのがとても不満である…(´・ω・`)
会いたい人もいっぱいあるのに〜見たいものも〜食べたいものも〜〜〜_(:3 」∠)_
今まで友人や親戚の結婚式に参加してきたことが、この年にしては少ない方だと思うんだけど、そんな経験値の少ない立場から思ったことなど。


普段つぶやきとかにもよく出してる、パティシエの従姉の結婚式だったんだけどね。
うちは幼少時から両親が夜勤で、伯母や祖母の家に預けられていたから従姉とはずっと一緒に遊んだりお菓子作ったり仲良くしてて。
従姉は家庭環境があまりよくなかったから経済的にも精神的にも苦労の連続だっただろうし、それなのに幼稚園からの夢だった「お菓子屋さん」という夢を学校とか行かなかったにも関わらず叶えて、今では狭い沖縄では結構有名なお菓子屋さんだったりする。
耳が不自由な従姉なので、それを支えてくれる旦那さんが出来たのは物凄く嬉しいことなんです。

でもね、結婚式が………
ゲストのこと、もうちょっと考えてよ…っていう_(:3 」∠)_

元より商売人にしては従姉は気が利かない方だとは思うんだけども…


まず招待状が届くのが遅かった。クソ遅かった。
親族だし、式の半年前には口頭で日付聞いてたし「行く!」と返事してはあったものの。結局会場とかの詳細が載った招待状が届いたのは10日前切ってから。出欠確認のハガキも入ってたけどこれ他の友達にはちゃんとしてたよな…?

そして式の一週間前になって、「お車代は出せないけど、ホテルが式場だから、ここのホテルでよければ一泊出来るから言ってね」とのこと。
内地から参加する人間で一週間前になってまだホテル予約してないやついねーよ!!っていう。
お車代は別にもらおうと思ってないからどうでもいいんだけど。
(しかし私の友達(沖縄人で、私は三年前帰省して参加)も内地の友達も、お車代用意してくれたんだけど、これってどっちが多いんだろう…自分の機会は無いだろうけど後学のために知りたかったりはする)


んで当日、旦那と二人参加な私は途中で妹を拾って三人で式場へ。
本人から連絡はないものの親族だし写真も撮るだろうから早めに向かいはしたんだけどね。
向かう途中で兄から「妹は受付手伝いだから早く来い」みたいなメールが来るではないか。
受付って聞いてないしそんな当たり前のように/(^o^)\
何年か前、再従姉の結婚式で私が受付だったんだけどそんなんじゃなかったぞ。式の数ヶ月前にはお願いされてたし前もって届いた招待状にも「受付お願いします」みたいな、集合時間沿えられた紙入ってたし。


他にも開演に間に合ってない人たちのために新郎新婦入場に妹が間に合わなかったり、10個くらいある余興の内9個くらいが新郎母の見世物だったりと 突っ込みどころは満載でおなかいっぱいでしたが……^^^^


ひとまず主役である従姉の幸せそうで綺麗な姿が見れたことで全部流す。うん。流すという表現をする


従姉の父母、つまり伯父伯母は私にとってはとても可愛がってくれた大好きな人たちなんだけど。
従姉にとっては両親や家族、親戚関係。あまり残しておきたくないものなのかもなと。
複雑なものもわかるけど、やっぱりそれが滲んだ式で、小さい頃とてもとても仲良かったと思っていた私には少し寂しく感じる式だったな。


結婚式って本当、金額とかの問題以上に、本人たちの性格や価値観、家柄(っていうとちょっと語弊があるのかもしれないけど)、式場の性格によって色〜〜〜〜〜んな形があるんだな。凄く面白い。
一生に一度の幸せと祝福しかその場に無い式、凄く良いなって思います。みんな挙げれば良いのに周りの友達挙げない派が多くてね…(´;ω;`)かくいう私だって挙げてないけど笑

まぁ、「挙げない派だったけど挙げた」って人多いので期待はしている。
あれだよ、結婚式だと帰郷しやすいんだよ…………(笑)
カテゴリ:旅とか | 18:19 | - | -