静けさが君を待つ
七夕は色々思い出深い日です。
天気が良い日が少ないんだけど、夏が思い出多いから七夕も自然とそうなのかな。

だからというわけじゃないけど七夕は創作がしたくなってね
間に合わないと思ったけどなんとかギリギリ間に合って良かった!
しかし高校生活の中で二人でほのぼの短冊に願いを書き合う平和な鳴ひよが書きたかったんだけどなぁ…(遠い目)
高校生活の中の二人を書くことが出来なくなってる。それはなかなか焦燥してしまうなぁ><

大分昔だけど、続きもので高校生活な鳴ひよを書いてまして。久々に読んでみたら全くもって「こんなん書いてたの自分????」っていうね^▽^^泣きたい
そして二人のほのぼの高校生活が読みたい私には変な話だけど正に「読みたい話」なわけでね 文章が拙いとかそういうのは置いといて。
なのに続きが…読めない…!!!何を書こうとしていたか覚えてないから続きを…書くことも出来ない…!!!(倒)



ともあれSS書けて良かった!絵も文も全然書けなくなってるよ〜特に絵…orz
描きたい物沢山あるのに!!!特に陽学!!
カテゴリ:螺旋とか | 23:38 | - | -
鮮やかで短い幻
さかなさんの素敵歩ひよを拝めてテンション上がりきって夜中に熱く語っていたことをまとめておく!
もう本当さ…私の出したお題をさかなさんが漫画にしてくれるんだぜ…?自慢以外のなにものでもないよね…!!

あと世の中同じ素晴らしい作品でももうこんだけ素敵なもの見ちゃったら私書(描)かなくて良いや…と大いなる福音で戦意喪失になるものもあるけど螺旋はどっちかというと逆なのかなと。
この頂点を押し上げる有象無象になってこのピラミッドを出来るだけ大きしたい…その礎という名の奴隷になりたい…とかそういうことを思ってか創作意欲がビャンビャン湧きます^^^
創作意欲を行動に移すのがまた別の話なんだけどね…orz
今はもう「みんなで描き合ってる」とかじゃないからなぁ。
だからこそなるりんとかさかなさんとかしんたんとかみめさんとか、この人!!っていう方が創作されていると喜びの衝撃がね半端ないよね…!!!
だから私もピラミッドの下でみなさんを押し上げるマッチョメンになりたい!!という精神でうちのサイトには気付けば200本以上のSSが積み上がってるんだと思うわ…………全方向から支えるようにオールカプ対応 今 理解した…^^^

***

私とのコラボでさかなさんがよく鳴海さんの車椅子姿(?)を描いていただいているんだけど、「さかなさんの歩ひよ」の中でそういう描写は結構珍しいのではと…。だからこそ余計にせつない…(´;ω;`) SUKI…!!!
冬のお題で、冬〜桜の春、そして学校生活〜未来と何重にも美味しいお話にしてくれてね…この加筆されてる部分がとてもさかなさんでさぁあ でもさかなさんの色や温度で私の「鳴ひよ」を描いてくれたのかなと思うと更に愛しい(´;ω;`)ブワッ
まぁこんなに素晴らしいお話にしていただいて私とのコラボとか言ったら駄目な気してるんですけどすみません^p^
私の作品の世界ってジャンル問わず割と温度も彩度も低いと思ってるんですが(卑下する意味でなく、自分では薄暗い肌寒い、人影のない早朝をイメージしている)(でかいこと言って後悔している)、それをさかなさんが具現化してくれたときの一気に温もりと光の溢れ具合がとても…とても心地良くて恐れ多くも光栄というかありがとうございます



んで私の書くのは鳴ひよでさかなさんが描くのは歩ひよな件。
この違いはとても大きい。表裏一体というか隣国というか…

なるりんも紛うことなく歩ひよよな。なんていうか私のは「弟(鳴海さんと半々)とひよの(ひよひよ半々)」、なるりんのは「歩とひよの」さかなさんのは「歩と結崎」なイメージ。
なんて無限大に美味しいのこの二人…

ちなみに私がずっと鳴ひよって言い続けているのは、昔語ったけどひよのさんが弟のことを「鳴海さん」って呼び続けているからです。


私から見た感ですがさかなさんの結崎はひよのとは別個で、喋ったり向き合って手を取り合ったり戸惑い合ったり、信号を送り合ってる感じ。
歩とは背中合わせで結崎とひよのは向き合ってるというか、歩と違った意味で究極のパートナーというか。
本当勝手に言ってるだけなんだけどね!!!

んで私の書くひよのは高校生で新聞部長でも清隆の依頼人でも過去でも未来でも同じひよのっていうかひよひよなのかなと。だからあまり年齢差も感じていないっていうか少女性が強い気がする


理想とかどれが好きとかっていうのと、自分の作品のそのキャラってまた別なんだろうなぁ。

もちろんどのひよのも全て好きですけど(爽)

しかしひよの語り楽しすぎますね…!!!
勿論完全に個人の見解なんだけどさぁあその個人見解同士があまり喧嘩しないのは原作が壮絶だったためだろうか…
カテゴリ:螺旋とか | 02:28 | - | -
伝える力 弾け飛ぶ位フルに使って
#スパイラル版同じ台詞で文字書きの戯れ

以前とまてぃの香ラザ台詞SSに地の文をつけさせていただいて(勝手に)それがとても面白かったので、同じ台詞で文字書きの戯れというタグが出回っているのをきっかけにちょっと企画させていただきました。

参加してくださった方々、本当にありがとうございました〜!!!
ていうか想像以上に錚々たる面々でびっくりしたよ…!!

りんごしゃんがお題台詞SSを超絶素敵に作ってくれたし、しんたんにみめさんにとまてぃが乗ってくださってそれはもう楽しすぎる企画となりました

台詞が同じだとどのくらい変わるのかなーと思ってたら、全然違っててびっくりした…本当面白かったこれ。
私台詞こそが小説の色決めると思ったけど地の文で破壊力を持っていると知りました
書いた人のスタイルって地の文でこんなにわかりやすすぎるものだとは!

お題の台詞の解釈の仕方とか、展開の仕方とか。
流れとか感情とかどこに重きを置くかで台詞が同じでもこんなに変わってくるものなのね…!
でも考えてみたら当然?だからこそ同じ漫画やゲームからこんなにも沢山の世界観・展開・解釈・空気の二次創作が生まれるのかしら。

とにかく鳴ひよが沢山読めたことが単純に嬉しいね!!!
一冊アンソロにしても全然楽しめるくらい、似通わないものだね…

非常に面白かったです。
最近色んな方に構って頂いたことで面白い発見とかが出来た〜ってことが多くて非常に充実しております。ありがたやありがたや…!!
カテゴリ:螺旋とか | 23:05 | - | -
白い白い
いつぞやのエイプリルフールで、さかな氏とコラボさせていただいたんですが。
なんと三年前か…→四月の魚


陽学はともかく、螺旋の創作が全然してないまま安定期に入ってしまったので、クリスマスに何かやれたら!と思ってさかなさんにお願いしてお題をいただいたんだよ!
さかなさんからのお題をリハビリに使うとか私本当一体何様なんだろうって思いもしたけど^▽^^;
更にその提示されたお題が物凄く素敵でさぁ…
お題「ニセモノの雪」でした。

フェイクスノウ

さかなさんが以前に描かれたものをサルベージしていただいたんですが。その世界を壊さないように…とは思ったがやはり私クオリティで壊す以前に全く別物になった!\(^o^)/

どうしても辛気臭くなるなぁ。私の属性って一体どんなものだろうか。
シリアスか、ほのぼのかって言われるとどっちでもない気がするし、一緒に手をつないでいる話か、別離と寄り添う話かと言われればどちらでもない…うーむ。


しかし久しぶりに鳴ひよ創作出来てひじょーに楽しかったです!!やっぱり鳴ひよは良いわぁ…++
さかなさん素敵なお題本当にありがとうございました!!

螺旋界でも歩ひよといえばさかなさん!と言っても決して過言ではないだろうから、そんな方にお題いただけるなんて本当いつでもいつまででも嬉しく光栄である
カテゴリ:螺旋とか | 03:41 | - | -
タダより高いものは
またまたツイッターのタグネタです。

#言うだけならタダだから出したい同人誌呟いてみる


『鳴海さんとひよのさんの出逢ってから二ヶ月後くらいを切り取って学園で謎解きしたり遊びに行ったりご飯食べたり、過去も未来も運命も関係なくただひたすら今を楽しむ話』

『ひよのさんが鳴海歩に出逢うまでの、鳴海清隆との話』

この2つなんだけど、言うだけならタダだから…とかそれ以前に実際出そうとして原稿取り掛かってる途中放置なのがまた…orz
書きたいネタはあるけど、それを形にするエネルギーを持続させるのと必要な温度に上げるのって大変難しいですね。




ひよのさんが歩に出逢うまで、清隆のことを「鳴海さん」って呼んでて、歩と出逢って信頼関係を築いて(歩と)からは「清隆さん」って呼ぶようになって、清隆は何でだろう俺に気があんのかって勘違いしたり。

清隆結婚直前?羽丘まどかさんはあなたに勿体ないほど素敵な女性ですねぇって言われて、妬いてんのかでもそんな感じは無いなぁ…とかモヤモヤ残しつつ、カノン編でひよのさんが瀕死の怪我したときに感じるのが「武器損壊した!」的な喪失感なのかそれ以外の何かもあるのか…っていう複雑な大人事情を

どうせ長いこと同じジャンルにいて、昔からの自分を知ってくれてる人がいるんだから、10年前の自分という人間じゃ書けなかっただろうなって内容を書きたいんだよなー。筆力とかそういうの云々じゃなく、書いてる人間の内面が変わったんだなって言われそうなものを。
カテゴリ:螺旋とか | 20:52 | - | -
| 1/6PAGES | >>