今まで何度も
今回もツイッターから話題を拝借。

#この作品がなかったら今の自分は存在しなかったと言っても過言ではない作品を晒すべし

ってタグね。


◆オタク的な意味で
・スパイラル(もはや言うことなし)
・FF6(初めて買った同人便箋)
・FF7(初めてのBL笑)
・エヴァ(初めて買った同人誌。アスカ受け18禁^^^)
・幻水(幻水でSS書く楽しさに目覚めた)
・夜麻みゆき作品(絵の原点)


◆人格的な意味で
・七つの海のティコ
・聖剣伝説LOM
・スレイヤーズ
・DQ4、5
・藤田和日郎作品


◆人との繋がり的な意味で
・スパイラル
・FF4




分けて考えると凄い面白いというかどこまでも深くなるなぁと。
あと切っても切り離せないのが音楽ね。
影響は色んな意味で多方面から受けているだろうから誰々の影響モロに受けてますとは言い難いんだけど。

実際語彙力とか世界観とかはとてもじゃないですが、鬼束ちひろが降り立ったときに雷が落ちたので影響はとても受けていると思う。
彼女の感じが自分に遠いとか近いとか言う話ではなくて、自己の内面の世界をこんな風に表現する人間が存在するのかと衝撃を受けたんですね

あと、たったあれだけの体積しか無い身体の中に、しかもあの若さにしてこれだけの悲しみや愛や狂気が逆巻いてるなんてこの人はなんて不幸なんだろうとも。語弊があるかもしれないけど当時私は高校生という若輩者だったながらにこういう人間にはなれないし関わることも出来ないしそうあってもならぬとも思ったのは確かで。

やはり素晴らしい曲を作ったり歌ったりする人間が素晴らしい道筋を辿ってるとは思えないから曲と本人は別物と昔から思い続けてしまってるわけであります
この「素晴らしい道筋」っていうのはとても危うい言葉だけどね。

自分自身の本質と本領を理解して本分に生きることが出来ればとても幸せなことだと思うんだけど。まぁ幸せや正しさの価値基準も全然違うと痛感してる上で発言してはおりますが、誰を否定するつもりもないのでどうぞよしなに。



あとはバンプ・チャコフィル・CUNEもバンド組むきっかけだったなぁ。
奥井亜紀さんやSHINHWAもとても深い部分に絡みついている。記憶だとか、そのときの・自分の世界だとか。

音楽は影響というかきっかけを与えてくれたもの・が正しいのかしら。記憶と共に蘇るから。
カテゴリ:何と分類していいやら | 21:06 | - | -
淡い淡い
【ただの備忘録です。心情の。】


周りに、もといある対象に自身の気持ちや価値観を預けて、寄りそうというよりは寄りかかることで安心したり自己を保っているのかな…と見受けられる感じの方がちらほらいて、ちょっと切なくなる。まぁそれを依存と呼ぶのかどうかはわからないけれど。

この切なさはどちらかといえば「この人(この価値観)についてけば大丈夫」って自分を丸投げ出来るほど、その対象に全幅の信頼を置くことが出来るのがちょっと羨ましいのかなーというか なんというか

私の場合は「この人は大丈夫だ」であって「この人と私という単位での『私たち』は大丈夫です」ではないと申しますか。
私は大丈夫、あれもこれも大丈夫、でもそれら全部が一緒くたになったからといって大丈夫とは限らないという

せっかくそれぞれの素材がオールグリーンなのに、一緒になることによって化学反応起こしてマイナス行ったらどうすんのよっていうね

もちろんそれがプラスにも、プラスどころか何乗にもなる可能性はあることは重々承知なんだが 石橋を壊れるまで叩いて、あー渡らなくて良かったとか思う派なもので。うむむ


「あなたが見えないところに行ってしまうのが怖いと私がそう云えば喜ぶだろうか
私がそう告げた瞬間 私の横にいるあなたの"理由"はこれまでとは違ったものになってしまうのだろうか」

これに尽きる。
押し潰してしまうことは怖くないのだろうか。
愛情だとか情熱だとか、暖かい思いだとか。過ぎたるそれで相手を、相手の信頼や思いを、焼き尽くしてしまうことは怖くないのだろうか。
カテゴリ:何と分類していいやら | 18:50 | - | -
成人の日


 成人の日に      谷川俊太郎


 人間とは常に人間になりつつある存在だ
 かつて教えられたその言葉が
 しこりのように胸の奥に残っている
 成人とは人に成ること もしそうなら
 私たちはみな日々成人の日を生きている
 完全な人間はどこにもいない
 人間とは何かを知りつくしている者もいない
 だからみな問いかけるのだ
 人間とはいったい何かを
 そしてみな答えているのだ その問いに
 毎日のささやかな行動で


 人は人を傷つける 人は人を慰める
 人は人を怖れ 人は人を求める
 子どもとおとなの区別がどこにあるのか
 子どもは生まれ出たそのときから小さなおとな
 おとなは一生大きな子ども


 どんな美しい記念の晴着も
 どんな華やかなお祝いの花束も
 それだけではきみをおとなにはしてくれない
 他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ
 自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ
 でき上がったどんな権威にもしばられず
 流れ動く多数の意見にまどわされず
 とらわれぬ子どもの魂で
 いまあるものを組み直しつくりかえる
 それこそがおとなの始まり
 永遠に終わらないおとなへの出発点
 人間が人間になりつづけるための
 苦しみと喜びの方法論だ




***


新成人のみなさまおめでとうございます!
もう何回目って感じですが(本当に)恒例のマイ心の師匠・谷川さんの詩拝借。

本当この詩大好き…!!成人の日じゃないときに読んでも心にぐっとくるのに成人の日に読むと尚更。
自分が成人したときに読んだときは泣いた

こんなに何ッ回も読んでるのに一向に覚えられないのはどうしてなんだ…

詩暗唱できるひとってすごいよね
カテゴリ:何と分類していいやら | 01:22 | - | -
眠すぎる
あまりにも!!!!
あまりにも日々四六時中眠いのはどうして??春眠暁を覚えずとか言ってた頃から既に半年以上経過しているのに(つдT)

眠りたくないのにこの眠気…つらい辛すぎる…誰かたすけて……


ってわけで(?)
あまりにも眠いこの思いと布団への恋慕を少しでも表現したく、詞にしてみました。

エッチワイの名曲と名高い「Song for…」の替え歌です(チーン)
まぁぶっちゃけ「あなた」「Song for...」「NAO」であんまり曲の区別つかないんですけど(失敬!)曲的にはこの曲が好きです。というか学生のバイト時代にも常に眠気を纏っていたんですが、バイト仲間と早朝の就職講座に行く途中に眠気と戦いながらこの曲を口ずさんでて「会いたい、会いたい」が「眠たい、眠たい」にしかならなかったという(笑)

んで最近、あまりにもこの眠気が覚めないのでいっそ全部替え歌考えてみたら眠気収まんじゃね!?と一人考えてみたんですが
五分で出来ちゃった辺り自分の睡魔ってホンモノだなぁとむしろ見直したというか(…)

友人に見せると「お前どんだけ暇なんだよ」と言われるんですが違うんだ!正しい突っ込みは「お前どんだけ眠いんだよ」であるべきなんだ…ッ

では続きに眠人の眠人による眠人のための詞。
熱狂な原曲ファンの方にはお勧めしません(笑)

続きを読む >>
カテゴリ:何と分類していいやら | 22:26 | - | -
三月入り〜
全然三月と言う気がしない…まぁ「三月って気がする!」ってのもおかしいけど。



今日は朝からずっと頭痛が酷く;
ここ数年は風邪といえば喉からくるものがほとんどで、扁桃腺が腫れるのに伴っていたんですが。
今日は全く喉は痛くなく、ただひたすらカキ氷一気食いみたいなキーンって痛みがずっとしてて集中出来なかった;;
こういう風邪っぽくない頭痛がひたすらしてたら何か毒電波にやられたような気がしてきますね。日中はひたすらパソコンの前だし。

しかしパソコンから本当に毒電波っていうのは放出されているのでしょうか。数年前のピカチュウ現象(?)みたいな感じ?
確かにこの光はずっと眺めてたら目がしぱしぱするもんな…。
でも目がしぱしぱするのと毒電波は関係ないと思うんだけど。
網膜から脳に入って脳細胞に害を成すのかしら。パソが有害電波発しているという前提ですが。

電子レンジの毒電波とかテレビの砂嵐とか(あのピカチュウ現象もだけど)こういうの凄い興味あります。
「電波」って言葉は非常に興味深い。なんで共通して電波なんだろう。
母が精神病棟で働いてるんですが、患者さんが「電波が見える」って言うらしい。大学の教授も、犯罪者にしか見えない電波の話をしてたし。
私にもいつかこの電波が見えるようになるんだろーか。
是非ともこの電波というものを見てみたい。勿論まともな精神のままで。
まともって簡単に使って良い言葉なのか分からないけど(笑)
花火のように見えるのか、それとも静電気のようにバチバチいってるのかプラズマっぽいのかそれともオーラ状なのかどんな色なのか。(母の患者さんがみてたのは水色だったらしい) すごい見てみたいんです一体どんなのだろう。これが見えるのが精神に異常をきたした人間の特権てのなら何ともずるいなーと。
精神に異常をきたしてるならばその「デンパ」って言葉が私達の使う電波と一致しているものなのかどうかっていうのも定かではないんじゃないの。
ならばまともな状態のときにこの電波を見てみたい…!

大学のときにこの電波(どの電波)が見えると言っていた友人がいたんですが詳しく聞けませんでした。まぁ電波が見えるって言ってるわけですから。あまり詳しく聞けないじゃんね。
というこの矛盾。
真面目に「私電波見えるんだよね…どんな風に見えるか教えてあげようか?」とか言われたら怖いし。でも興味はあるんだよ。でも自分で見るまできっと私は「百聞は一見にしかずだな」のモヤッと感を抱き続けるんだと思う。
母いわく「電波見えるようになったらオシマイだよ」なので私自身もしある日突然電波というものが見えて、それを「あっこれぞ電波だ」と納得したのなら自分終わったな・とかって焦燥感を抱くのかそれとも冷静なのかそれともそんな判断も出来ずいわゆる「オシマイ」になってるのか。
うーん興味深い。
自分で知りえないものってのは本当に面白いよね。
「死にたくない、けど一度死んでみたい」この感覚?

美ら海水族館の大水槽「黒潮の海」あれに物凄く入ってみたい。一体どうなるのか知りたい。マンタとかジンベエザメとかその他のお魚たちは一体どんな反応をするのか。それとも無反応なのか。
ただのサメの水槽に入りたいわけじゃないですよ。そんなの知らなくて結構。
あの大水槽に入ったらどうなるのか本当に興味がある。入ってみたいほどに。でも入りたくないし頼まれても拒否すると思う。


他にはUFOにも興味あります。
キャトルミューティレイションとか最高じゃね?UFOの下から光線が出て重力を無視して引き上げられるあの感覚は一体どんなものなのか。痛いのか?でも痛いとしたらどこがどんな風に痛むのか。すんごい気になる。
でも実際に体験したくはないんだよな。だって怖すぎる。

やっぱ未知のものって怖いのと興味深いのが一緒くたになって起こるんだよねー。


月始めから一体私は何を語っているんだ…(呆然)
でもこういうのって語りだすと止まりません。ここでまとめてると本当に興味が深くなったので今度オフ友さんに会ったら相談するかもしれないので(UFOの乗り心地とか)よろしくお願いします。笑
さー今月もがんばろう。
カテゴリ:何と分類していいやら | 23:06 | comments(0) | -
| 1/6PAGES | >>